CUBASE コードパッドの使い方とコードトラックとの連携

こんにちわ、清水です!

あなたは、コードの知識が無くては楽曲制作はできないと思っていませんか?

CUBASEには、コードパッドというコードの知識が無くても、様々なコード進行を使える機能が備わっています。

さらに、コードトラックと連携することで、作業効率も上げることが可能です。

ということで今回の記事では、「CUBASE コードパッドの使い方とコードトラックとの連携」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、コードパッドはCUBASE8以上、コードトラックはCUBASE7以上に備わっている機能で、今回はCUBASE8以上のみ対応の記事です。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・コードパッドとは?

コードパッドはCUBASE8から付属している、コード進行を手助けしてくれる機能です。

楽曲に対して、次に来るコードを提示してくれたり、様々なコード進行のプリセットなどがあります。

・コードパッドの使い方

・コードパッドを表示させる

まずは、コードパッドを表示させます。

上メニューから、「プロジェクト」→「コードパッド」を順にクリックするか、

キーボードのCtrl(押したまま)+Shift(押したまま)+Cを押します。

そうすると、上記画像のようなコードパッドが表示されます。

・コードパッドのコードを使用する

コードパッドのコードを使用する際は、まず楽器の音源をトラックリストに立ち上げます。

トラックの作成、音源や楽器の立ち上げ方は、下記の記事を参考にして下さい。

上記の画像では、ピアノを立ち上げました。

楽器を立ち上げたら、コードパッドから使いたいコードをドラッグし、立ち上げたトラックまで赤矢印のように持っていきます

これにより、好きなコードをMIDIノートに入れることができます。

上の図のように、コードパッドのコードをクリックすることで、立ち上げた楽器のコード音が演奏されるので、音をクリックで確認しながら、MIDIノートに入れていけばやり易いです。

・コードエディターを使用する

コード枠左端の▼、「Open Editor」をクリックします。

そうすると、コードエディターが表示されるので、ここから好きなコードを選択し、コードパッドに入れることができます

コードエディターの使い方については、下記の記事を参考にして下さい。

・コードパッド テンション 

コード枠下の「◀▶」で、コードのテンションを設定できます。

同じコード音でも、設定すると音が全然変わってきます。

テンションは、コードを着飾りたい時などに役立ちます。

・コードパッド ボイシング

コード枠下の「▲▼」で、コードをボイシングで展開できます。

同じコード音でも、展開すると音が全然変わってきます。

ボイシングは、コードの雰囲気を変えたい時などに役立ちます。

コードパッド左端の「e」を選択すると、ピアノやギターなどのボイシングも行うことができます

・コードパッド 近接、五度圏

コードパッド左端の「」を選択すると、近接、五度圏が使用できます。

近接、五度圏の使い方については、下記の記事を参考にして下さい。

・コードパッド プリセット 

コードパッド左端の「」を選択し、コードパッドのプリセットを読み込みをクリックすると、プリセットが使用できます。

クリックすると、一覧が表示されます。

ここから、様々なコード進行を選んで、楽曲制作を進められます。

プリセットをクリックすると、コードパッドに反映されます。

・コードパッド 移調

コードパッド左端の「▼」機能メニューを選択し、

すべてのパッドを移調をクリックします。

「▲▼」でキーを選択し、OKをクリックします。

半音単位で、キーを設定できます。

クリックすると、コードパッドのコードが移調されます

・コードトラックとの連携

上の図のように、コードをドラッグし持っていくことで、コードパッドとコードトラックは、互いにコードを入れ合うことができます

コードパッドでコード進行を作りながら、コードトラックへの記載も同時に行えるので、作業効率を上げることができます。

・まとめ CUBASE コードパッドの使い方とコードトラックとの連携

今回は、コードパッドの使用方法から、コードトラックとの連携のやり方についてを解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

コードパッドとは?

コードパッドはCUBASE8から付属している、コード進行を手助けしてくれる機能です。

コードパッドの使い方

コードパッドを表示させる

上メニューから、「プロジェクト」→「コードパッド」を順にクリックするか、

キーボードのCtrl(押したまま)+Shift(押したまま)+Cを押します。

コードパッドのコードを使用する

まず楽器の音源をトラックリストに立ち上げ、コードパッドから使いたいコードをドラッグし、立ち上げたトラックまで持っていきます

コードエディターを使用する

コード枠左端の▼、「Open Editor」をクリックし、コードエディターから好きなコードを選択し、コードパッドに入れます

コードパッド テンション

コード枠下の「◀▶」で、コードのテンションを設定できます。

コードパッド ボイシング

コード枠下の「▲▼」で、コードをボイシングで展開できます。

コードパッド左端の「e」を選択すると、ピアノやギターなどのボイシングも行うことができます

コードパッド 近接、五度圏

コードパッド左端の「」を選択すると、近接、五度圏が使用できます。

コードパッド プリセット 

コードパッド左端の「」を選択し、コードパッドのプリセットを読み込みをクリックすると、一覧が表示されるので、好きなコードパターンを選択する。

コードパッド 移調

コードパッド左端の「▼」機能メニューを選択し、すべてのパッドを移調をクリックし、「▲▼」でキーを選択し、OKをクリックします。

コードトラックとの連携

コードをドラッグし持っていくことで、コードパッドとコードトラックは、互いにコードを入れ合うことができます

以上が、CUBASE コードパッドの使い方とコードトラックとの連携でした。

コードパッドは作曲で必須のコード進行を、効率良く音を聞きながら作ることができるので、僕も良く使っています♪

是非、あなたの楽曲制作へ、役立てて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました