CUBASE 一度に全コードの記載 コードトラックにコードを展開

こんにちわ、清水です!

録音したボーカルやギターなどにハモリを加えたり、コード進行のアレンジなどで作業効率をあげるためには、コードトラックを使用したコードの記載が必要ですが、あなたは以前作り上げたコード進行を忘れてしまったり、後で一つ一つ記載していくのが面倒と感じたことはないでしょうか?

コードトラックで、録音(レコーディング)しながら、コードエディターやコードパッドで作曲しながらなど、記載も同時にできればいいのですが忘れてしまっていて、もう既にでき上っているコード進行に後で一つづつ記載するのは手間です。

CUBASEには、後からでもこれらを一度に記載してくれる機能が、備わっています。

基本的なコードトラックの設定については、下記の記事を参考にして下さい。

ということで今回の記事では、「CUBASE 一度に全コードの記載 コードトラックにコードを展開」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)コードトラックは、CUBASE7以上に備わっている機能です。CUBASE7以上のみ対応の記事です。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・コードトラックにコードを展開すると?

コードトラックにコードを展開は、一度に全コードを記載してくれるだけでなく、メロディーの一つ一つの色が全て変化するため、コードに合わない不協和音の判別ができ、間違いのない正確な楽曲を作り易くなります。

・コードトラックにコードを展開 やり方

以前作っていた、コード進行を忘れてしまった場合は、コードトラックにコードを展開が便利です。

MIDIを開いて、一つ一つコードを調べ直さなくても、一度にコードトラックにコードを記載することが可能です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題-53.png

まずは、コードトラックに記載したい範囲の、コードを打ち込んでいるイベントダブルクリックで開きます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題-54.png

キーエディター画面になるので、赤枠の「コードトラックにコードを展開⇨」をクリックします。

コードトラックにコードを展開が表示されるので、OKをクリックします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題-55.png

クリックすると、上記画像のようにコード全体の色が変化します

キーエディター画面を閉じると、プロジェクト画面の赤枠に、選択したイベント範囲のコードトラックに全てのコード記載ができています。

これで、コードトラックにコードを展開は完了です。

・コードに合うメロディー、不協和音が分かり易くなる

上記画像のように、選択したイベントのコードトラックに、全てのコードが記載されると、範囲内の他トラックのメロディーも影響を受け、色が変化します。

他のインストゥルメントトラックの赤矢印、イベントをダブルクリックして、キーエディター画面を立ち上げます。

すると、他インストゥルメントトラックのイベント内のメロディーも、と三色に色が変化していることが分かります。

これは、メロディーがコードに合っているかどうかを表していて、基本的には、

コードに一致していて不協和音となります。

コードに一致したメロディーやアレンジを多くすることで、正確な楽曲を作り易くなります。

・まとめ CUBASE 一度に全コードの記載 コードトラックにコードを展開

今回は、コードトラックにコードを展開する方法を解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

コードトラックにコードを展開すると?

コードトラックにコードを展開は、一気にコードを記載してくれるだけでなく、メロディーの一つ一つの色が全て変化するため、コードに合わない不協和音の判別ができ、間違いのない正確な楽曲を作り易くなります。

コードトラックにコードを展開 やり方

コードトラックに記載したい範囲の、コードを打ち込んでいるイベントダブルクリックで開き、キーエディター画面で「コードトラックにコードを展開⇨」をクリックし、コードトラックにコードを展開が表示されるので、OKをクリックする。

コードに合うメロディー、不協和音が分かり易くなる

コードトラックにコードを展開によって、選択したイベントのコードトラックに、全てのコードが記載されると、範囲内の他トラックのメロディーも影響を受け、色が変化します。

他インストゥルメントトラックの、イベントをダブルクリックして、キーエディター画面を立ち上げると、緑、青、赤と三色に色が変化していることが分かります。

緑はコードに一致していて、赤は不協和音となり、コードに合うメロディー、不協和音が分かり易くなります

以上が、CUBASE 一度に全コードの記載 コードトラックにコードを展開でした。

もう一度言いますが、手間もかからずコードが一気に記載されてアレンジがやりやすくなる上に、不協和音も分かって正確な楽曲が作りやすくなる、コードトラックにコードを展開を是非ご活用下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました