CUBASE8 イベントのオーディオ化 インプレイスレンダリング

「CUBASE」の使い方!上級者向け

こんにちわ、清水です!

あなたは、MIDIトラックなど部分的にオーディオ変換する際、わざわざミックスダウンから書き出しを行っていませんか?

CUBASE8以上をお持ちの場合、インプレイスレンダリングを使用することで、瞬時にオーディオ化でき、作業効率が向上します。

ミックスダウンを使用した、オーディオファイルへの変換については、下記の記事を参考にして下さい。

ということで今回の記事では、「 CUBASE8 イベントのオーディオ変換 インプレイスレンダリング」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)インプレイスレンダリングはCUBASE8の新機能です。CUBASE7以下には備わっておりませんので、ご注意下さい。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・インプレイスレンダリングとは?

CUBASE8の新機能で、MIDIやオーディオのトラックイベントをオーディオファイルへ変換する機能です。

ミックスダウンを行わなくても瞬時に変換でき、トラックに適用しているエフェクトの設定も可能です。

・インプレイスレンダリング 使い方

・レンダリングを設定する

まずは、オーディオ変換したいイベントをクリックします。

そして、編集→インプレイスレンダリング→レンダリング設定の順にクリックします。

そうすると、選択範囲をレンダリングの画面が表示されます。

・Dry…適用しているエフェクトは波形に組み込まない

・チャンネル設定…適用しているエフェクトを波形に組み込む

・完全なシグナルパス…グループチャンネルのエフェクトも波形に組み込む

・完全なシグナルパス+マスターエフェクト…ステレオアウトに適用されているエフェクトも波形に組み込む

・ビット解像度…書き出すビット解像度の設定

・パス(場所)…書き出される場所の選択

上記の設定を行った上で、閉じるをクリックします。

・レンダリングを適用する

編集→インプレイスレンダリング→(現在の設定で)レンダリングの順にクリックします。

オーディオファイルへの変換が行われます。数秒で完了します。

正常に完了すると、オーディオトラックが波形表示され、変換前のイベントはミュートとなります。

・複数のトラック、イベントを同時に書き出す

複数のトラック、イベントをドラッグで範囲選択しレンダリングを行うことで、

このように、同時に書き出すことができます。

・まとめ CUBASE8 イベントのオーディオ化 インプレイスレンダリング

今回は、インプレイスレンダリングを使って、トラックイベントをオーディオファイルへ変換する方法を解説しました。

CPU負荷の軽減などのためオーディオ化を行う際も、ミックスダウンよりこちらの方が手っ取り早いです(CUBASE8以上のみ)!

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います。

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントや動画は現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました