「DAW」やソフトシンセの使い方!

Loopmashの使い方 演奏パターンの保存や切り替え Steinberg

Steinberg社製品のソフトシンセ、Loopmashの使い方を解説しています。作成した演奏パターンの保存や切り替え、Performance Controlsを使用したパターン全体へのエフェクトの適用や切り替えの方法など。
「DAW」やソフトシンセの使い方!

Loopmashの使い方 ループ素材の調節やエフェクト適用 Steinberg

Steinberg社製品のソフトシンセ、Loopmashの使い方を解説しています。オーディオイベントやメディアベイを使用した素材の取り込み、取り込んだ素材の調節やエフェクトの適用のやり方など。
音楽制作「DTM」の始め方!

PCの選び方 DTMに必要な処理能力(CPU)と性能(スペック)とは?

パソコンの選び方についての解説です。選ぶ際のポイントとして、CPUとスペック)があります。これらは、PCの頭の良さを表しています。DTMに必要なスペックは、Corei5かCorei7でクアッドか6コア以上の2.0GHz以上が、良いとされています。スペックの確認で、DTMが快適に行えるかどうか判断できます。
音楽制作「DTM」の始め方!

PCの選び方 ソフト音源に必要な容量は?CPUを助けるメモリについて

DTMを始める為に揃える、パソコンの選び方についての解説です。選ぶ際のポイントとして、メモリの容量があります。メモリは、PC処理作業を行うCPUの働きを助けます。メモリ容量は最低でも4GB、多くの音源を使う場合は8GBは必要です。PCのメモリを確認すると、DTMが快適に行えるか判断できます。
音楽制作「DTM」の始め方!

PC(パソコン)の選び方 メモリを扱う32ビット64ビットとは?

DTMを始める為に揃える、パソコンの選び方についての解説です。選ぶ際のポイントとして、PCのbit数があります。ビット数はメモリを扱える量を表していて、32ビットと64ビットが存在します。
音楽制作「DTM」の始め方!

DTM初心者の音楽制作機材選び マイク/スタンド/ケーブル/シールド

DTMを始める為に揃える、マイクや他録音機材の選び方についての解説です。選ぶ際のポイントとしてマイクの種類や特性、マイクスタンドやポップガード、楽器シールドやマイクケーブルについての説明をしています。
「DAW」やソフトシンセの使い方!

EVOLVE 使い方 エフェクトの適用と切り替え Native Instruments

Native Instruments社製品の映画サウンド音源、EVOLVEの使い方を解説しています。エフェクトの種類や適用方法、Trigger FXを使用したキースイッチの使い方など。5種類のEFFECTS、Skreamer、Lo-Fi、Cabinet、Delay、Reverb。
「DAW」やソフトシンセの使い方!

EVOLVE 使い方 音色概要と打ち込み Native Instruments

Native Instruments社製品のソフトシンセ、EVOLVEの使い方を解説しています。4つの音色種類の説明と打ち込み方など。Rhythmic Suites、Percussive Kits、Stings and Transitions、Tonality and FX。
「DAW」やソフトシンセの使い方!

Action Strings 使い方 サウンド調整 Native Instruments

Native Instruments社製品のストリングス音源、Action Stringsの使い方を解説しています。フレーズの音質や音量、長さやテンポの調節方法について。
「DAW」やソフトシンセの使い方!

Action Strings フレーズの使い方 Native Instruments

Native Instruments社製品のストリングス音源、Action Stringsの使い方を解説しています。KONTAKTを使ったソフトの開き方や、フレーズやパターンの使い方と切り替え、楽器やフレーズや拍子の絞り込み。
タイトルとURLをコピーしました