CUBASE ハーモニーボイスをVariAudioで調節

こんにちわ、清水です!

あなたは、生成したハーモニーボイスを自分でアレンジして、オリジナルのハモリに調節したいと思ったことはありませんか?

コードトラックを使って、ハモリをコードに従わせただけでは、何かもの足りないあなたへ…。

CUBASEでは、VariAudioを使って生成したハーモニーを調節することができます。

ということで今回の記事では、「CUBASE ハーモニーボイスをVariAudioで調節」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)VariAudioは、CUBASE PROに備わっている機能です。CUBASE ArtistやCUBASE Elementsには付属していませんので、ご注意下さい。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・VariAudioを使った、ハーモニーボイスの調節

VariAudioを使ったハーモニーボイスの調節には、「ハーモニーボイスを生成」を使って生成したハモリに対して調節するやり方と、2回録音するか複製して作った2つの元素材に対して調節するやり方と、があります。

個人的には、「ハーモニーボイス生成」を使うと何か違和感を感じるので、2つの元素材を使用してハモリを作るやり方を、オススメしています。

それでは、それぞれ解説していきます。

・ハーモニーボイスの調節(ハーモニーボイス生成を使用)

上記画像のように、まずはハーモニーボイスを生成で、元素材であるAudio01からソプラノのトラックを追加して下さい。

そして、赤枠の元素材ハモリ(ソプラノ)のイベントを、ドラッグCtrl+左クリックで同時選択し、ダブルクリックして下さい。

コードトラックの使い方、ハーモニーボイスを生成するやり方は、下記の記事を参考にして下さい。

そうすると、2つのイベントのサンプルエディターが開きますので、「VariAudio」→「ピッチ&ワープ」を順に、クリックします。

そうすると、分析が始まり、上記画像のように、元素材ハモリで色分けされます。

あとは、元素材ハモリの音をドラッグして、コードを確認し、移動させながら、音程やハモリを調節していきます。

あなたのイメージに合った、オリジナルのハモリに調節して下さい。

元素材ハモリの音をクリックすることで、調節をチェンジできます

・ハーモニーボイスの調節(2つの元素材を使用)

上記画像のように、まずは赤枠のハモリを入れたい元素材のトラック上で右クリックし、トラックを複製をクリックします。

そうすると、すぐ下に全く同じ元素材のイベントが複製されます。(複製しない場合は、同じパートを別トラックで録音して下さい。)

ボーカルやギターなどの録音(レコーディング)のやり方は、下記の記事を参考にして下さい。

そして、ハーモニーボイス生成の時と同じく、2つのイベントを、ドラッグCtrl+左クリックで同時選択し、ダブルクリックして下さい。

ここも、ハーモニーボイス生成の時と同じく、2つのイベントのサンプルエディターが開きますので、「VariAudio」→「ピッチ&ワープ」を順に、クリックします。

そうすると、分析が始まり、今度は元素材のみで、音が重なった状態で表示されます。

あとは、片方のイベントのみ、元素材の音をドラッグして、コードを確認し、移動させながら、音程やハモリを調節していきます。

一度に音を移動させたい場合は、上記画像のように、ドラッグで全体を範囲選択して、移動させるとスムーズです。

上記画像のように、音程を上に持っていけばソプラノ下に持っていけばアルトのハモリが作れます。

ドラッグで移動させるのに、行き過ぎてしまったり、やりにくい場合は、キーボードの△∇キー1つづつ動かすことができます

あなたのイメージに合った、オリジナルのハモリに調節して下さい。

このやり方の方が、違和感をあまり感じることなく、ハモリを作ることができるので、オススメです。

・まとめ CUBASE ハーモニーボイスをVariAudioで調節

今回は、ハーモニーボイスをVariAudioで調節する方法を解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

・VariAudioを使った、ハーモニーボイスの調節

VariAudioを使ったハーモニーボイスの調節には、「ハーモニーボイス生成」を使って生成したハモリに対して調節するやり方と、2つの元素材に対して調節するやり方とがあります。

ハーモニーボイスの調節(ハーモニーボイス生成を使用)

ハーモニーボイス生成で、元素材からハモリのトラックを追加し、元素材ハモリイベントを、ドラッグCtrl+左クリックで同時選択し、ダブルクリックする。

2つのイベントのサンプルエディターが開きますので、「VariAudio」→「ピッチ&ワープ」を順に、クリックします。

元素材ハモリの音をドラッグして、コードを確認し、移動させながら、音程やハモリを調節していきます。

ハーモニーボイスの調節(2つの元素材を使用)

ハモリを入れたい元素材のトラック上で右クリックし、トラックを複製をクリックします。

すぐ下に全く同じ元素材のイベントが複製されるので、2つのイベントを、ドラッグCtrl+左クリックで同時選択し、ダブルクリックする。

2つのイベントのサンプルエディターが開きますので、「VariAudio」→「ピッチ&ワープ」を順に、クリックする。

片方のイベントのみ、元素材の音をドラッグして、コードを確認し、移動させながら、音程やハモリを調節していきます。

以上が、CUBASE ハーモニーボイスをVariAudioで調節でした。

ハーモニーボイスを調節することで、自分だけのオリジナルのハモリを作ることができるので、楽曲の幅も広がり、質もアップします。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました