CUBASE オーディオファイル波形の音量調整 ノーマライズ

「CUBASE」の使い方!上級者向け

こんにちわ、清水です!

あなたは、ボーカルやギターをレコーディングした際の音量が、小さすぎたり大きすぎたりして録音し直したりしてはいないでしょうか?

ミスが目立つテイクを録り直す場合ならいいですが、せっかく良いテイクが録れたのに音量の問題だけで録り直すのは勿体ないです。

そんな時に便利なのが、CUBASEのノーマライズという機能です。

ということで今回の記事では、「CUBASE オーディオファイル波形の音量調整 ノーマライズ」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・ノーマライズとは?

オーディオファイル波形の音量を調整する機能です。

基本、小さい波形の音量最大値を音が割れてしまう0ギリギリまで大きく調節します

・ノーマライズ 使い方

・ノーマライズ 使い方

まずは、音量調節したいイベントをクリックで選択します

次に、上メニューのAudio処理ノーマライズの順にクリックします。

処理を実行をクリックします。

そうすると、このように波形音量が大きくなります。

・音量レベルの調節と視聴

・調節

赤枠のツマミをドラッグして、設定します。

音量レベルは0%で無音、100%で最大となります。

・視聴

視聴をクリックすると、現在の音量レベルを耳で確認できます。

・まとめ CUBASE オーディオファイル波形の音量調整 ノーマライズ

今回は、ノーマライズを使ってオーディオファイル波形の音量を、調節する方法を解説しました。

ノーマライズを使用することで、再録音せずに効率良く音量調節が行えます。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います。

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントや動画は現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました