CUBASE ミックスコンソール Reverb/Panの使い方

こんにちわ、清水です!

あなたは、ミックスを行う際リバーブやディレイ、PANを正しく使えていますか?

これらの空間エフェクトを適用することで、奥行きのある鮮明な楽曲に仕上がり、さらにPANで音の位置を分けることで、音の広がりや立体感を出すことができます。

ということで今回の記事では、「CUBASE ミックスコンソール ReverbやPanの使い方」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。ただ、ミックスコンソールはCUBASE7から見た目や機能が大きく変化したため、CUBASE7以上をお使いの方にオススメの記事です。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・Reverb/Pan 使い方

それでは、ミックスの際に使用する、リバーブやPANの使い方を説明します。

これらは、ミックスコンソールのSENDS(センド)で設定できます。

・FXチャンネルトラックの作成

まずは、FXチャンネルトラックを作成し、センド&リターンの状態を作ります。

センド&リターンを設定するやり方については、下記の記事を参考にして下さい。

・ミキサーウィンドウを開く

次に、ミキサーウィンドウを開きます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題-54.png

上メニューのデバイス→Mixconsoleをクリックするか、キーボードのF3を押します。

・センドリターンでリバーブの設定

FXチャンネルトラックを作成しミックスコンソールを開いたら、センドリターンを使用してリバーブ、ディレイなどの空間エフェクトをトラックに適用します。

SENDSをクリックし枠を作り、FXチャンネルを追加したいトラックの▼をクリックします。

一覧が表示されるので、作成したFXチャンネルトラックをクリックし、リバーブやディレイを追加します。

追加すると青色のメーター表示になるので、左右にドラッグしてエフェクトの深さを調整したり、◉をクリックしてON/OFF切り替えが行えます。

・センドパンの設定

センドリターンを使用して、トラックに適用した空間エフェクトのリバーブ残響を、左右にPANで振ることができます。

まずは、先ほど設定したトラックのE(チャンネル設定の編集)をクリックします。

そうすると、チャンネル設定画面が表示されるので、一番下のパンをクリックします。

パンの設定ができます。

左右にドラッグするとパンを振ることができ、◉をクリックするとON/OFFの切り替えができます。

・PANのモード切り替え

PANのモード切り替えを行い、より細かいパンの調整ができます。(ステレオトラックのみ。)

モード切り替えしたいPAN調整部分で、右クリックします。

デフォルトではステレオバランスパンになっているので、ステレオコンバインパンをクリックします。

そうすると複合パンとなり、バランスパンよりも細かく、音の位置を調整できます。

ステレオコンバインパンの使い方については、下記の記事を参考にして下さい。

・まとめ CUBASE ミックスコンソール ReverbやPanの使い方

今回は、ミックスの際に使用する、リバーブやPANの設定についてを解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

ReverbやPanの使い方

センドリターンでリバーブの設定

FXチャンネルトラックを作成してセンド&リターンの状態を作り、上メニューのデバイス→MixconsoleをクリックするかキーボードのF3を押してミックスコンソールを開き、SENDSをクリックし枠を作りFXチャンネルを追加したいトラックの▼をクリックし、作成したFXチャンネルトラックをクリックしてリバーブやディレイを追加します。

センドパンの設定

リバーブやディレイを追加したトラックのE(チャンネル設定の編集)をクリックし、一番下のパンをクリックして設定する。

PANのモード切り替え

PAN設定部分で右クリックし、ステレオコンバインパンをクリックする。

以上が、CUBASE ミックスコンソール ReverbやPanの使い方でした。

ミックスでリバーブやパンを上手く使うことで、楽曲のクオリティーが格段に変わります。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました