CUBASE オーディオのノイズや無音の除去 ストリップサイレンス

「CUBASE」の使い方!上級者向け

こんにちわ、清水です!

あなたは、ボーカルやギターをレコーディングした際に現れる、ノイズや無音部分をどうしていますか?

一つ一つ手動でカットしていくことも可能ですが、これは非常に手間となります。

そんな時に便利なのが、CUBASEのストリップサイレンスという機能です。

ということで今回の記事では、「CUBASE オーディオのノイズや無音の除去 ストリップサイレンス」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・ストリップサイレンスとは?

オーディオイベントのノイズや無音を一括で除去する機能です。

ボーカルやギターなどをレコーディングした後の、オーディオトラックに効果を発揮します。

・ストリップサイレンス 使い方

・無音部分の検出を表示させる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題-43.png

まずは、適用したいイベントをクリックで選択します

選択したら、上メニュー→Audio高度な処理無音部分の検出を順にクリックします。

そうすると、無音部分の検出の画面が表示されます。

基本、青枠で囲まれていない部分をノイズや無音と判断し、除去します

・検出を設定する

次に、検出をそれぞれ設定します。

・オープンスレッショルド/クローズスレッショルド

ノイズや無音とみなす、音量レベルの範囲を指定します。

・解放保持時間/閉鎖保持時間

オーディオ波形中の空白時間を、無音とみなすまでの時間の範囲を指定します。

・プリロール

ボーカルの息継ぎを考えて、除去の開始部分の長さを指定します。

・ポストロール

フェードアウトをノイズや無音とみなされないため、除去の終了部分の長さを指定します。

値が指定できたら、処理を実行をクリックします。

そうすると、このようにオーディオイベントのノイズや無音部分が綺麗にカットされます。

・まとめ CUBASE オーディオのノイズや無音の除去 ストリップサイレンス

今回は、ストリップサイレンスを使ってオーディオイベントのノイズや無音を、除去する方法を解説しました。

このストリップサイレンスを使うことで、オーディオイベント内のノイズや無音を効率良く一括でカットできます。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います。

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントや動画は現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました