CUBASE操作 楽曲制作を素早く行う ショートカットキー使い方2

「CUBASE」の使い方!上級者向け

こんにちわ、清水です!

あなたは、CUBASEで楽曲制作を行う際、ショートカットキーを使っていますか?

ショートカットキーは、操作コマンドを即実行してくれるので、手早く楽曲が作れるようになります。

例えば、いつものマウスを使った作業に、ショートカットキーの使用を入れれば、作業効率が格段に変わってきます。

この記事では、主にキーエディター(MIDIノート)、ツールバーの選択やデバイスの表示・非表示で、よく使うショートカットキーのコマンドを、紹介していきます。

主にトランスポート、AudioやMIDI、ズームでよく使うショートカットキーのコマンドは、下記の記事を参考にして下さい。

ということで今回の記事では、「CUBASE操作 楽曲制作を素早く行う ショートカットキー使い方2」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・キーボードの様々なショートカットキー 使い方2

それでは、便利な様々なショートカットキーのコマンドを紹介していきます。

・キーエディター(MIDIノート)編

まずは、ピッチの変更やクオンタイズなど、よく使うキーエディター(MIDIノート)のショートカットコマンドを紹介していきます。

・クオンタイズ:音の選択+Q

・ピッチ変更(半音上げる):音の選択+↑

・ピッチ変更(半音下げる):音の選択+↓

・ピッチ変更(オクターブ上げる):音の選択+Shift+↑

・ピッチ変更(オクターブ下げる):音の選択+Shift+↓

・クオンタイズに沿って、右へ移動する:音の選択+Ctrl+▶

・クオンタイズに沿って、左へ移動する:音の選択+Ctrl+◀

・選択した音のコピー:Ctrl+C(Windows) Command+C(Mac)

再生カーソルを合わせて、

・選択した音の貼り付け:Ctrl+V(Windows) Command+V(Mac)

・選択した音の複製:Ctrl+D(Windows) Command+D(Mac)

・選択した音のミュートON/OFFの切り替え:Alt+M

・ツールバー選択(キーボード上部の数字キー1~9)

次に、ツールバー選択の際によく使用する、キーボード上部の数字キー0~9のショートカットコマンドを紹介していきます。

・オブジェクトの選択:1

・範囲選択:2

・分割:3

・のり:4

・削除:5

・ズーム:6

・ミュート:7

・鉛筆:8

・再生:9

・デバイスの表示・非表示(キーボード最上部のファンクションキーF1~F12)

次に、デバイスの表示・非表示でよく使用する、キーボード最上部のファンクションキーF1~F12のショートカットコマンドを紹介していきます。

・CUBASEオペレーションマニュアルの表示・非表示:F1

・トランスポートパネルの表示・非表示:F2

・ミックスコンソールの表示・非表示:F3

・VSTコネクションの表示・非表示:F4

・MediaBay(メディアベイ)の表示・非表示:F5

・オートメーションパネルの表示・非表示:F6

・ツールバーの左移動:F9

・ツールバーの右移動:F10

・VSTインストゥルメントの表示・非表示:F11

・VSTパフォーマンスの表示・非表示:F12

・まとめ 楽曲制作を素早く行う ショートカットキー使い方2

今回は、ショートカットキーの使い方などを解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

キーボードの様々なショートカットキー 使い方2

キーエディター(MIDIノート)編

・クオンタイズ:音の選択+Q

・ピッチ変更(半音上げる):音の選択+↑

・ピッチ変更(半音下げる):音の選択+↓

・ピッチ変更(オクターブ上げる):音の選択+Shift+↑

・ピッチ変更(オクターブ下げる):音の選択+Shift+↓

・クオンタイズに沿って、右へ移動する:音の選択+Ctrl+▶

・クオンタイズに沿って、左へ移動する:音の選択+Ctrl+◀

・選択した音のコピー:Ctrl+C(Windows) Command+C(Mac)

・選択した音の貼り付け:Ctrl+V(Windows) Command+V(Mac)

・選択した音の複製:Ctrl+D(Windows) Command+D(Mac)

・選択した音のミュートON/OFFの切り替え:Alt+M

ツールバー選択(キーボード上部の数字キー1~9)

・オブジェクトの選択:1

・範囲選択:2

・分割:3

・のり:4

・削除:5

・ズーム:6

・ミュート:7

・鉛筆:8

・再生:9

デバイスの表示・非表示(キーボード最上部のファンクションキーF1~F12)

・CUBASEオペレーションマニュアルの表示・非表示:F1

・トランスポートパネルの表示・非表示:F2

・ミックスコンソールの表示・非表示:F3

・VSTコネクションの表示・非表示:F4

・MediaBay(メディアベイ)の表示・非表示:F5

・オートメーションパネルの表示・非表示:F6

・ツールバーの左移動:F9

・ツールバーの右移動:F10

・VSTインストゥルメントの表示・非表示:F11

・VSTパフォーマンスの表示・非表示:F12

以上が、CUBASE操作 楽曲制作を素早く行う ショートカットキー使い方2でした。

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. You should be a part of a contest for one of the highest quality websites on the web.
    I most certainly will recommend this website!

タイトルとURLをコピーしました