DTM初心者向け記事 CUBASE操作 マーカートラックの使い方

こんにちわ、清水です!

あなたは、曲作りを行う途中でイントロ、Aメロ、サビなど、どこから始まるか分からなくなることがありませんか?

楽曲の構成には複雑なものもあり、曲全体が出来上がってくると、どの小節からAメロやサビだったか忘れる場合があります。

曲を再生して探せば分かりますが、録音や編集をする度に、わざわざ目的のパートを探すのは手がかかります。

CUBASEには、パートごとに分かり易くマーカートラックで、印を入れる機能が備わっています。

ということで今回の記事では、「CUBASE操作 マーカートラックの使い方」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

注1)CUBASE8を使って説明していますが、全バージョン対応の記事です。

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・マーカートラックとは?

パートごとに分かり易く、印を入れることのできるトラックです。

・マーカートラックの使い方

まずは、上メニューの「プロジェクト」→「トラックを追加」→「マーカー」の順にクリックします。

すると、トラックリストに「マーカートラック」が追加されます。

次に、赤矢印の「再生カーソル」をマーカーを入れたい小節までクリックで持ってきます。

そして、赤枠の「マーカーの追加」をクリックします。

そうすると、再生カーソル部分に赤矢印の「マーカー❶」が追加されます。

そして、「マーカー❶」をクリック、「情報ライン」の赤枠「内容」の欄をクリックし、イントロやAメロなど名前を入力します。

「情報ライン」の表示のさせ方は、下記の記事を参考にして下さい。

そうすると、追加されたマーカーに入力した名前が入ります。

これで、マーカーの追加は完了です。

・マーカー追加後の便利な使い方

他のパートもAメロならAメロ、サビならサビの開始部分に、同じやり方で曲全体にマーカーを追加していきます。

追加できたら、プロジェクトウインドウ上やトランスポートパネル上の赤枠「⇦」「⇨」を押すと、マーカー区間を移動できます。

これにより、パートごとの再生や編集ができるようになります。

・マーカー追加のショートカット(Windows、Macともに)

追加したい小節で「Alt(押したまま)+左クリック」でも、マーカーを追加できます。

曲全体にマーカーを付けた後、「Shift(押したまま)+F」で、マーカー追加でパート分けした曲全体が細かく表示されます。

・まとめ CUBASE操作 マーカートラックの使い方

今回はCUBASEを使った、マーカートラックの使い方について解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

マーカートラックとは?

パートごとに分かり易く、印を入れることのできるトラックです。

マーカートラックの使い方

上メニューの「プロジェクト」→「トラックを追加」→「マーカー」の順にクリックし、「再生カーソル」をマーカーを入れたい小節までクリックで持ってきて、マーカートラックの「マーカーの追加」ボタンをクリックし「マーカー❶」を追加しクリック、「情報ライン」の「内容」の欄をクリックし、イントロやAメロなどの名前を入力する。

マーカー追加後の便利な使い方

曲全体にマーカーを追加し、プロジェクトウインドウ上やトランスポートパネル上の「⇦」「⇨」で、追加したマーカー区間を移動できるので、パートごとに再生や編集ができる。

マーカー追加のショートカット(Windows、Macともに)

Alt(押したまま)+左クリック」でも、マーカーを追加できる。

Shift(押したまま)+F」で、マーカー追加でパート分けした曲全体が細かく表示されます。

以上が、CUBASE操作 マーカートラックの使い方でした。

これらを使うことで、作業効率がアップするので、是非使用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. oxvow.com より:

    very good content, i like it

タイトルとURLをコピーしました