DTM初心者向け記事 CUBASE操作 プロジェクト保存のショートカット

こんにちわ、清水です!

CUBASEで曲作りを行う上で、常に使用するプロジェクトファイルの保存…。

あなたは、プロジェクトファイルの保存を簡単にキーボードのショートカットで、保存できることを知っていますか?

2回目から同じ名前でそのまま保存する際は、ショートカットを使用することができます。

これにより、作業効率や保存の頻度がアップし、万が一のCUBASEのバグやエラーなどの強制終了にも対応できます。

ということで今回の記事では、「CUBASE操作 プロジェクト保存のショートカット」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・プロジェクトファイルの保存のやり方

それでは、説明していきます。

まずは、上メニューの「ファイル」→「保存」か「名前を付けて保存」をクリックします。

「保存」は、2回目からは同じ名前で保存されます

そうすると、上記の「名前を付けて保存」の画面が出てくるので赤枠から、プロジェクトの保存先を選択します。

保存先が決まったら、赤枠にファイル名を入力し「保存」をクリックします。

これで、プロジェクトの保存は完了です。

初期の設定では上記のように、プロジェクト作成の際の「steinberg hub」で設定した場所になっています。

steinberg hub」からの場所の設定方法は、下記の記事を参考にして下さい。

・プロジェクト保存のショートカット 使い方

プロジェクト保存のショートカットは、プロジェクト画面を開いている状態で、

Windowsの場合、「Ctrl(押したまま)+S」で保存

Ctrl+Shift(押したまま)+S」で名前を付けて保存です。

Macの場合は、「Command(押したまま)+S」で保存できます。

・まとめ CUBASE操作 プロジェクト保存のショートカット

今回はCUBASEを使った、プロジェクト保存のショートカットについて解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

プロジェクトファイルの保存のやり方

上メニューの「ファイル」→「保存」か「名前を付けて保存」をクリックし、「名前を付けて保存」の画面でプロジェクトの保存先を選択し、保存先が決まったらファイル名を入力し「保存」をクリック。

プロジェクト保存のショートカット 使い方

Windowsの場合、「Ctrl(押したまま)+S」で保存、「Ctrl+Shift(押したまま)+S」で名前を付けて保存

Macの場合は、「Command(押したまま)+S」で保存

以上が、CUBASE操作 プロジェクト保存のショートカットでした。

CUBASEにはバックアップ機能があるとはいえ、トラックの音源追加やエフェクター設定によるCPU負荷などにより、エラーやトラブルが常に発生します。

こまめに保存を行う為にも、効率的なショートカットを活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました