CUBASE リバーブの共有でCPU負荷を軽減 センドリターン

「CUBASE」の使い方!上級者向け

こんにちわ、清水です!

あなたは、リバーブを設定する際、一つ一つの各トラックに適用してはないでしょうか?

リバーブは楽曲を鮮明にして奥行きを出す効果がありますが、CPU負荷が高いというデメリットがあり各インサートに設定するとノイズや再生停止、強制終了などの症状が起き易くなります。

そういったトラブルを防ぐために、センドリターンという方法があります。

ということで今回の記事では、「CUBASE リバーブの共有でCPU負荷を軽減 センドリターン」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・センドリターンとは?

センドリターンは、FXチャンネルにリバーブを設定することで、複数のトラックが一つのリバーブを共有することをいいます。

これにより、一つのリバーブのみ設定のため、

・CPUの負荷が軽減できる

・リバーブのON/OFF切り替えが簡単になる

・楽曲全体の統一感を出せる

など、作業効率や楽曲クオリティー向上のメリットがあります。

・センドリターン 使い方

・FXチャンネルの追加

まずは、FXチャンネルを追加していきます。ここでは、リバーブを設定します。

上メニューのプロジェクトトラックを追加FXチャンネルの順にクリックします。

次に、赤矢印のNo Effect▼をクリックし、デフォルトからReverbを選択します。

リバーブが選択できたら、トラックを追加をクリックします。

リバーブ調節画面が表示されるので、楽曲を再生しながらツマミを回し、リバーブの深さを設定していきます。

画面を閉じると、トラックリストにFXチャンネルが追加されます。

・トラックにリバーブを設定

FXチャンネルが追加できたら、トラックにリバーブを設定します。

リバーブをかけたいトラックをクリックし、インスペクターSendsを開きます。

インスペクターが表示されてない場合は、下記の記事を参考にして下さい。

次に、赤枠の▼をクリックし、Send先を選択します。

先ほど設定した、FXチャンネルのリバーブ「RoomWorks」をクリックします。

リバーブ「RoomWorks」が設定されるので、赤枠の「◉」を押してSendをonにします。

これにより、選択したトラックにリバーブをかけることができます。

メーターを左右にドラッグすることで、トラックのリバーブの深さを調節できます。

同様に他のトラックにも、リバーブを設定できます。

・FXチャンネルの調節

FXチャンネルのインスペクターを使ってトラック全体の、リバーブのソロやミュート、リバーブの深さなどを調節できます。

・ソロ、ミュート

赤枠の、「ソロ、ミュート」ボタンをクリックし、点灯させます。

・リバーブの深さ

インスペクターの赤枠、Insertsをクリックします。

赤枠の、RoomWorksをダブルクリックし、リバーブ調節画面から調節します。

・まとめ CUBASE リバーブの共有でCPU負荷を軽減 センドリターン

今回は、センドリターンやFXチャンネルの設定、調節のやり方を解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

センドリターンとは?

FXチャンネルにリバーブを設定することで、トラック全てが一つのリバーブを共有することをいいます。

センドリターン 使い方

FXチャンネルの追加

上メニューのプロジェクト→トラックを追加→FXチャンネルの順にクリックし、FXチャンネルトラックを追加でNo Effect▼をクリックし、デフォルトからReverbを選択し、トラックを追加をクリック。

トラックにリバーブを設定

リバーブをかけたいトラックをクリックし、インスペクターSendsを開き、▼をクリックしSend先を選択し、先ほど設定したFXチャンネルのリバーブをクリックして、「◉」を押してSendをonにする。

FXチャンネルの調節

・ソロ、ミュート

インスペクターのソロ、ミュートボタンをクリックし、点灯させる。

・リバーブの深さ

インスペクターのInsertsをクリックし、リバーブをダブルクリックし、リバーブ調節画面から調節します。

以上が、CUBASE リバーブの共有でCPU負荷を軽減 センドリターンでした。

センドリターンを行うことで、作業効率が格段に変わってきますので、是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました