CUBASE トラックの音量やPANの調整 ミックスコンソール

こんにちわ、清水です!

あなたは、楽曲が完成した後、トラック全体の音量やPANなどを調整していますか?

この作業のことをミックスといい、最後にこれを行うことで、バランスのとれた聴きやすい楽曲になり、クオリティーが向上します。

CUBASEのミックスコンソールを使用することで、トラック全体の音量、PAN、ソロミュート、エフェクトなどを調節することができます。

ということで今回の記事では、「CUBASE トラックの音量やPANの調整 ミックスコンソール」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。ただ、ミックスコンソールはCUBASE7から見た目や機能が大きく変化したため、CUBASE7以上をお使いの方にオススメの記事です。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・トラックの音量やPANの調整

各トラックの音量やPANの調整には、ミックスコンソールやインスペクターを使います。

楽曲全体のミックスを行う際にはミックスコンソール、簡単に調整したい場合はインスペクターを使用します。

インスペクターを使ったトラックの音量やPANの調整については、下記の記事を参考にして下さい。

・ミックスコンソール 使い方

まずは、Mixconsole(ミックスコンソール)を開きます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題-29.png

上メニューのデバイスMixconsoleをクリックします。(ショートカットキーはF3を押す。)

ミキサーウィンドウが開きます。

それでは、ミキサーウィンドウの中でも基本的な良く使う機能を、上から順に解説していきます。

トランスポート

再生、停止、録音などを行います。

ここで、楽曲を再生しながら、ミックスを行っていきます。

入力チャンネル

入力チャンネルの確認や変更を行います。

INSERTS(インサート)

ミックスに必要なコンプレッサーやイコライザー、ボーカルのリバーブやディレイ、ギターのアンプシュミレーターなど、ここで様々なエフェクトを使用します。

エフェクトの使い方については、下記の記事を参考にして下さい。

PAN(パンニング)

Cが中央、Lが左、Rが右と、音の位置をマウスのドラッグで設定します。

ソロ、ミュート

クリックで点灯させることで、各トラックのソロとミュートを設定できます。

M(ミュート)…クリックで点灯させた、トラックの音を消す。

S(ソロ)…クリックで点灯させた、トラックの音のみを再生する。

ボリューム(音量)

トラックの音量を、マウスのドラッグで調節します。

上に行くほど大きくなり、下に行くほど小さくなります。

モニタリング、レコーディング(視聴、録音)

クリックで点灯させることで、各トラックの視聴と録音を設定できます。

📢(モニタリング)…クリックで点灯させた、トラックの音を視聴する。

●(レコーディング)…クリックで点灯させた、トラックの音を録音する。

・まとめ CUBASE トラックの音量やPANの調整 ミックスコンソール

今回は、ミックスコンソールを使用した、トラックの音量やPANの調整方法を解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

トラックの音量やPANの調整

楽曲全体のミックスを行う際にはミックスコンソール、簡単に調整したい場合はインスペクターを使用します。

ミックスコンソール 使い方

上メニューのデバイスMixconsoleをクリックして、ミキサーウィンドウを開きます。(ショートカットキーはF3を押す。)

トランスポート…再生、停止、録音などを行います。

入力チャンネル…入力チャンネルの確認や変更を行います。

INSERTS(インサート)…コンプレッサーやイコライザーなど、様々なエフェクトを使用します。

PAN(パンニング)…音の位置をマウスのドラッグで設定します。

ソロ、ミュート…クリックで点灯させることで、各トラックのソロとミュートを設定できます。

ボリューム(音量)…トラックの音量を、マウスのドラッグで調節します。

モニタリング、レコーディング(視聴、録音)…クリックで点灯させることで、各トラックの視聴と録音を設定できます。

以上が、CUBASE トラックの音量やPANの調整 ミックスコンソールでした。

例え、初歩的な楽曲構成やアレンジでも、ミックス一つでクオリティーは大きく変わります。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました