モジュレーションエフェクト AutoPan Chorus Phaser

未分類

あなたは、いつものトラックへ「何か違った効果をつけたい!」と、思ったことはないでしょうか?

CUBASEには、トラックに様々な動きや特殊効果を加える、モジュレーションエフェクトが備わっています。

これらを使用することで、楽曲のクオリティーやオリジナリティーも上がります。

歪み系エフェクトについては、下記の記事を参考にして下さい。

今回の記事では、「CUBASE モジュレーションエフェクト AutoPan Chorus Phaser」の使い方についてを、DTM初心者さんに向けて紹介します。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

初心者さん向けに分かり易さを最重視し、画像と動画付きで順を追って紹介していきます。

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・モジュレーションエフェクトをトラックに適用する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題-119.png

まずは、ミックスコンソールを開き(キーボードのF3を押す)、INSERTSをクリックしてスロットを開き、No Effect▼をクリックします。

デフォルトから、Modulationをダブルクリック、AutoPan Chorus Phaserをクリックし適用します。

選択トラックのInsertsに、モジュレーションエフェクトが立ち上がります。

・AutoPan Chorus Phaserの特性

・AutoPan

自動でPAN(音の位置)を、動かします。

トラックの楽器や効果音など、様々なものに音の動きを与えます。

エレクトリックピアノなどに、使用することが多いです。

・Chorus

ベース音に少々遅れた音を入れ、サウンドに厚みを加えます。

シンセサイザーやギターのアルペジオなどに、よく使用します。

・Phaser

ベース音に位相をズラした音を入れることで、サウンドにシュワシュワ感を与えます。

シンセサイザーやギター、エレクトリックピアノなど、中音よりも高い音域の楽器によく使用します。

・まとめ

今回は、CUBASEのAutoPan Chorus Phaserの特性、モジュレーションエフェクトの適用方法について解説しました。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います。

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています。

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントや動画は現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました