CUBASE 無音の場合を想定し構成 ミュートの部分的な使い方

こんにちわ、清水です!

あなたは、楽曲制作に役立つミュートは、部分的に使えるのを知っていますか?

ミュートをトラックに設定した場合、トラック全体が無音になりますが、イベントやMIDIノートの音など部分的に設定することで、楽器が曲の途中で抜けた場合を想定し、構成やアレンジを行うことができます。

ということで今回の記事では、「CUBASE 無音の場合を想定し構成 ミュートの部分的な使い方」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・ミュートとは何か?

DTMで使用する音を、一時的に無音(音の無い状態)にする機能です。

・ミュート(無音)の部分的な使い方

ミュートには、トラック全体に設定するやり方、イベントやMIDIノートに部分的に設定するやり方があります。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

・トラックにミュートを設定する

トラックに設定する場合、トラック全体がミュート(無音)となります。

この場合、トラックやインスペクター、Mixconsole(ミックスコンソール)のミュートマークをクリックするだけで、設定できます。

・トラック

・インスペクター

Mixconsole(ミックスコンソール)

上記画像の赤枠、М(ミュート)をクリックします。

図のように色が変わったら、設定完了です。

トラックの音が、無音になっているか再生して、確認して下さい。

トラックの立ち上げ方、インスペクターやMixconsole(ミックスコンソール)の表示のさせ方は、下記の記事を参考にして下さい。

・イベントにミュートを設定する

イベントに設定する場合、選択したイベントが部分的に、ミュート(無音)となります。

まずは、設定したいイベントをクリックし選択します。(選択すると色が変わる。)

次に、ショートカットキーを押して、選択したイベントをミュートにします。

Windows、Mac共に、

Shift(押したまま)+Mでミュート

Shift(押したまま)+Uでミュート解除

で設定できます。

そうすると、選択したイベントのみ灰色に変わり、ミュート(無音)となります。

・MIDIノートにミュートを設定する

MIDIノートに設定する場合、選択した音が部分的に、ミュート(無音)となります。

まずは、イベントをダブルクリックし、キーエディターを開きます。

音をクリックで選択し、ショートカットキーを押すことで、一つ一つの音をミュート(無音)にすることができます。

先ほどと同じく、Windows、Mac共に、

Shift(押したまま)+Mでミュート

Shift(押したまま)+Uでミュート解除

で設定できます。

・一括でミュートを設定する

イベント、MIDIノートのミュート設定は、一括で行うことができます。

上の図のように、マウスのドラッグで範囲選択します。

そして、ショートカットキーを押せば、選択した範囲の音が全てミュート(無音)になります。

これは、イベントに設定する場合も、同様に行えます。

・まとめ CUBASE 無音の場合を想定し構成 ミュートの部分的な使い方

今回は、ミュートの様々な使い方などを解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

ミュートとは何か?

DTMで使用する音を、一時的に無音(音の無い状態)にする機能です。

ミュート(無音)の部分的な使い方

ミュートには、トラック全体に設定するやり方、イベントやMIDIノートに部分的に設定するやり方があります。

トラックにミュートを設定する

トラックやインスペクター、Mixconsole(ミックスコンソール)のミュートマークをクリックする。

イベントにミュートを設定する

設定したいイベントをクリックで選択し、

・Shift(押したまま)+Mでミュート ・Shift(押したまま)+Uでミュート解除

を押して設定する。

MIDIノートにミュートを設定する

イベントをダブルクリックし、キーエディターを開き、ミュートしたい音をクリックで選択し、

・Shift(押したまま)+Mでミュート ・Shift(押したまま)+Uでミュート解除

を押して設定する。

一括でミュートを設定する

マウスのドラッグで範囲選択し、ショートカットキーを押す。

以上が、CUBASE操作 無音の場合を想定し構成 ミュートの部分的な使い方でした。

ミュートを部分的に使いながら、何度も再生を行うことで、あなたのイメージする楽曲のパートごとに必要な、楽器トラックの種類や数、構成などもシュミレートできます。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました