CUBASE ボーカルやギターの録音方法 オーディオレコーディング

こんにちわ、清水です!

あなたは、CUBASEの楽曲制作で、最も曲にリアリティーやオリジナリティーを出せる方法を知っていますか?

それは、ボーカルやギターを録音し、楽曲にリアルさ(生っぽさ)を取り入れることです。

特にボーカル(声)は、人それぞれ皆違うので、録音で最大の個性を引き出すことができます。

ということで今回の記事では、「CUBASE ボーカルやギターの録音方法 オーディオレコーディング」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・レコーディング(録音) 使い方

レコーディング(録音)を行うには、VSTコネクションやデバイスの設定、録音の音量調整、Audioトラックの追加などが必要になります。

・VSTコネクションを設定する

まずは、VSTコネクションやデバイスの設定で、音の入出力を設定します。

上メニューの、デバイス→VSTコネクションをクリック。

VSTコネクションの画面が表示されるので、入力→プリセット▼→Stereoを順にクリック。

・デバイスを設定する

上メニューの、デバイス→デバイス設定をクリック。

デバイス設定の画面が表示されるので、VSTオーディオシステム→ASIOドライバー▼→あなたのオーディオインターフェースを選択→OKの順にクリック。

デバイスの細かい設定方法は、下記の記事を参考にして下さい。

・録音の音量を調整する

上の図のように、録音後の波形がイベントの枠を越えたら、音が割れてしまいます

このようにならないため、録音前にオーディオインターフェースのゲイン(音量調節のツマミ)を下げて調節を行います。

・Audioトラックを追加する

上メニューの、プロジェクトトラックを追加Audioを順にクリックするか、

トラックリストの、Audioトラックを追加をクリックし、Audioトラックを追加します。

構成を選択し、トラックを追加をクリック。

数は、リストに追加するトラックの数を表します。

構成は、ボーカルやギターやベースの録音はMoNo、キーボードやシンセサイザーの録音はStereoを選択します。

Audioトラックが、トラックリストに追加されます。

・モニタリングで録音信号の確認を行う

トラック上のモニタリングボタンをクリックで点灯させることで、右端の音量メーターが振れます

振れていなければ、VSTコネクションやデバイス設定など音の入出力を、もう一度設定し直す必要があります。

振れていれば、設定が問題なくできているので、録音可能です。

モニタリングボタンが点灯していると、再生の際、トラックの音が鳴りません。録音後はOFFに設定して下さい。

・レコーディング(録音)を行う

次に、トラック上の録音ボタンをクリックで点灯させ、インスペクターのインプットをLeftにし、トランスポートの録音ボタンをクリックします。

すると、このように録音が開始されます。

録音を止める場合は、トランスポートの停止ボタンで、ストップします。

ボーカルやギターの録音後は、このように波形で表示されます。

・まとめ CUBASE ボーカルやギターの録音方法 オーディオレコーディング

今回は、ボーカルやギターの録音方法を解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

レコーディング(録音) 使い方

VSTコネクションを設定する

上メニューの、デバイス→VSTコネクションをクリックし、VSTコネクションの画面で、入力→プリセット▼→Stereoを順にクリック。

デバイスを設定する

上メニューの、デバイス→デバイス設定をクリックし、デバイス設定の画面で、VSTオーディオシステム→ASIOドライバー▼→あなたのオーディオインターフェースを選択→OKの順にクリック。

録音の音量を調整する

録音前にオーディオインターフェースのゲイン(音量調節のツマミ)を下げて、音が割れないように調節を行う。

Audioトラックを追加する

上メニューの、プロジェクト→トラックを追加→Audioを順にクリックするか、トラックリストの、+→Audioトラックを追加をクリック。

構成は、ボーカルやギターの場合、MoNoを選択し、トラックを追加をクリック。

モニタリングで録音信号の確認を行う

トラック上のモニタリングボタンをクリックで点灯させ、右端の音量メーターが振れているか確認する。

レコーディング(録音)を行う

トラック上の録音ボタンをクリックで点灯させ、インスペクターのインプットをLeftにし、トランスポートの録音ボタンをクリック。

録音を止める場合は、トランスポートの停止ボタンをクリック。

以上が、CUBASE ボーカルやギターの録音方法 オーディオレコーディングでした。

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました