CUBASE キーボードのリアルタイムレコーディングとクオンタイズ

未分類

こんにちわ、清水です!

あなたは、CUBASEで楽曲制作を行う際、マウスを使った打ち込み(ツールの鉛筆を使ったMIDI打ち込み)が、音を一つ一つしか入力できないので、手間だと感じたことはありませんか?

CUBASEの打ち込み方には、鉛筆入力の他にも、ステップ入力、リアルタイムレコーディングと3つの入力方法があります。

ステップ入力、リアルタイムレコーディングはキーボードを使って実際打ち込みを行うため、鉛筆で入力するよりも素早く打ち込むことができます。

ということで今回の記事では、「 CUBASE キーボードのリアルタイムレコーディングとクオンタイズ」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・MIDIキーボードのリアルタイムレコーディングとは?

リアルタイムで実際にキーボード(鍵盤)を演奏して打ち込み、録音することをいいます。

マウスを使った鉛筆入力で、MIDIノートに音を一つづつ入力するよりも、素早く打ち込みが行えるので、作業効率を上げることができます。

・クオンタイズとは?

音のズレを、小節、拍にぴったり合わせてくれるタイミング修正機能です。

レコーディングによってバラついた音を、正確に合わせるのに使用します。

・リアルタイムレコーディング 使い方

・MIDIキーボードの設定

まずは、MIDIキーボードから音を出す設定を、行う必要があります。

MIDIキーボードの設定については、下記の記事を参考にして下さい。

・トラックを追加し、音源を設定する

次に、トラックリストに打ち込みのための、インストゥルメントトラックを追加し、楽器音源を設定します。

トラックの立ち上げ方、音源を設定するやり方は、下記の記事を参考にして下さい。

・リアルタイムレコーディング 使い方 

MIDIキーボードを設定して、トラックを追加したら、まずトラックの録音ボタンをクリックして、赤色に点灯させます

次に、トランスポートの録音ボタンをクリックします

クリックすると、選択トラックの録音が始まるので、実際にキーボードを使って演奏を行います。(停止ボタンをクリックすると、録音がストップします。)

演奏を行うと、MIDIパートに反映されます。

・演奏ミスの対処

演奏が上手くいかなかった間違えた時は、削除や元に戻すを行います。

・削除

イベントをクリックで選択+Deleteキーで消すか、ツールの削除を使います。

・元に戻す

操作を一つ前に戻す機能です。これは、CUBASEのほとんど全ての操作に適用できます。

上メニューの編集→元に戻す(Ctrl+Z)。

操作を一つ前に戻す機能については、下記の記事を参考にして下さい。

・クオンタイズ 使い方

・キーエディターを開く

まずは、レコーディングしたイベントをダブルクリックします。

キーエディターを開きます。

・クオンタイズプリセットの設定

次に、右上のクオンタイズプリセットをクリックし、演奏フレーズに合った音符の細かさを設定します。

基本的に、クオンタイズはフレーズ中の一番細かい音で選択します

上の図では、フレーズ中の一番細かい音が16分音符なので、16分音符クオンタイズを選択します。

演奏フレーズと異なったクオンタイズを選択してしまうと、正確な位置に適用されないことがあります。

・クオンタイズの適用

プリセットを設定したら、すぐ右の「▷」をクリックします。

これにより、16分音符クオンタイズが正しく適用されます。

・まとめ キーボードのリアルタイムレコーディングとクオンタイズ

今回は、MIDIキーボードのリアルタイムレコーディングとそのタイミング修正機能クオンタイズの使い方を解説しました。

これらの機能を使えば、鉛筆入力よりも早く正確に打ち込みを行うことができます。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います。

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントや動画は現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました