CUBASE VariAudioを使ったピッチ修正方法

こんにちわ、清水です!

あなたは、レコーディングしたオーディオファイルの、音のズレを直せること知っていますか?

録音したボーカルやギターなどピッチを修正することで、楽曲のクオリティーが上がります。

CUBASEには、VariAudio(バリオーディオ)というピッチ修正機能が備わっています。

ということで今回の記事では、「CUBASE VariAudioを使ったピッチ修正方法」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、VariAudioはCUBASE Proに備わっている機能です。CUBASE ArtistやElementsには備わっておりません。CUBASE Proのみ対応の記事になります。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・VariAudio(バリオーディオ)とは?

VariAudio(バリオーディオ)とは、CUBASE Proに付属しているピッチ修正機能です

基本的には、

・レコーディング(録音)したボーカルやギターなどのオーディオファイルに対して、ピッチ修正ができる。

・生成したハーモニーボイスの調節ができる。

・「ピッチを平坦化」を使い、人間の声をロボットの様な機械的な声に変えることができる。

・レコーディング(録音)したボーカルやギターなどのオーディオファイルを、MIDIに変換することができる。

上記のようなことが可能です。

ハーモニーボイス生成や調節のやり方は、下記の記事を参考にして下さい。

・VariAudio(バリオーディオ)の使い方

それでは、VariAudio(バリオーディオ)の使い方を順に説明していきます。

・音の解析を行う

まずは、Audioイベントをダブルクリックして開きます。

そうすると上記のような、サンプルエディターの画面が表示されます。

VariAudio」→「ピッチ&ワープの▲」を順にクリックします。

自動解析が始まり、上記のようにピッチが表示されます。

・ピッチ&ワープ

自動解析が終わると、次はピッチを修正します。

1ピッチの修正(音程の変更)

ピッチ&ワープがクリックされている状態で、ピッチを修正したい音をドラッグし上下に持っていきます

音階は左端の鍵盤の通りで、上げれば音程は上がり、下げれば音程も下がります。

2オーディオワープ(ピッチのタイミングや傾きを合わせる)

※ピッチのタイミング

※ピッチの傾き

ピッチ&ワープがクリックされている状態で、ピッチのタイミングや傾きを合わせたい音の端にマウスカーソルを合わせ、上記の図のような矢印に変わったら、ドラッグし左右に持っていきます

ピッチの傾きで、音程を修正することもできます。

僕は結構、オーディオワープで傾きを合わせて修正します。ピッチの修正は半音移動するため、素材を何度も触ったり大幅に移動させると、音が機械化したりおかしくなったりするので、生の音を生かしたいなら修正はなるべく最小限にした方が、自然になります。

・セグメント

音をハサミで分割して、細かい音の調節ができます。

セグメントをクリックし、分割したい音の下線にマウスカーソルを合わせ、アイコンがハサミに変わったら、クリックで分割します

分割すると、細かな音のピッチやタイミングを調節できます。

・ピッチをクオンタイズ

音程のズレをピッチ修正よりも、更に細かく合わせます。

ピッチ修正は半音単位でしたが、クオンタイズではほぼピッタリにすることができます。

上記のように、音程のズレを正確にしたい音をクリックで選択し、ピッチをクオンタイズのメーターをクリックで調節します。

メーターが右へ行くほど音程が正確になりますが、音によっては間違った音程に移動するので、しかっり再生しながら耳で聴きながら合わせることが必要になります

音が分からない場合は、制作した楽曲のメインメロディーを聴きながら、カバーなら市販のCDをCUBASEに取り込んでメインボーカルを聴きながら、調節していくとやり易いです。

・ピッチを平坦化

音程の揺れを小さくしたり、無くすことができます。

上記のように、音程の揺れを小さくしたい音をクリックで選択し、ピッチを平坦化のメーターをクリックで調節します。

メーターが右へ行くほど音程の揺れは小さくなりますが、機械的な音にもなっていくので、こちらも同様にしかっり再生しながら耳で聴きながら合わせることが必要になります

メーターを一番右にすると、完全に揺れが無くなり、機械的な声(ロボットボイス)が再現できます。

・ピッチを一括で調節する方法

ピッチを一括で調節することで、ピッチ修正の作業効率を上げることができます。

マウスのドラッグで範囲選択することにより、ピッチを一気に調節できます。

ピッチ&ワープ、クオンタイズ、平坦化と、選択範囲内に適用できます。

・ピッチ修正のショートカットキー

ピッチ修正のショートカットキーを使うことで、作業効率を上げることができます。

shift(押したまま)+方向キーで、半音移動のピッチ修正の微調整ができます。

.・上下方向キーで、ピッチの変更 ・左右方向キーで、音の切り替え

Alt(押したまま)+範囲選択で、範囲選択した部分が全て収まるようにズーム

・まとめ CUBASE VariAudioを使ったピッチ修正方法

今回は、VariAudioを使ったピッチ修正のやり方を解説しました。これをまとめると、次の通りになります。

・VariAudio(バリオーディオ)とは?

VariAudio(バリオーディオ)とは、CUBASE Proに付属しているピッチ修正機能です

VariAudio(バリオーディオ)の使い方

音の解析を行う

Audioイベントをダブルクリックしてサンプルエディターを開き、「VariAudio」→「ピッチ&ワープの▲」を順にクリックする。

ピッチ&ワープ

1ピッチの修正(音程の変更)ピッチ&ワープがクリックされている状態で、ピッチを修正したい音をドラッグし上下に持っていきます

2オーディオワープ(ピッチのタイミングや傾きを合わせる)ピッチ&ワープがクリックされている状態で、ピッチのタイミングや傾きを合わせたい音の端にマウスカーソルを合わせ、矢印アイコンに変わったら、ドラッグし左右に持っていきます

セグメント

セグメントをクリックし、分割したい音の下線にマウスカーソルを合わせ、アイコンがハサミに変わったら、クリックで分割します

ピッチをクオンタイズ

音程のズレを正確にしたい音をクリックで選択し、ピッチをクオンタイズのメーターをクリックで調節します。

ピッチを平坦化

音程の揺れを小さくしたい音をクリックで選択し、ピッチを平坦化のメーターをクリックで調節します。

ピッチを一括で調節する方法

マウスのドラッグで範囲選択することにより、ピッチを一気に調節できます。

ピッチ&ワープ、クオンタイズ、平坦化と、選択範囲内に適用できます。

ピッチ修正のショートカットキー

shift(押したまま)+方向キーで、半音移動のピッチ修正の微調整

上下方向キーで、ピッチの変更 左右方向キーで、音の切り替え

Alt(押したまま)+範囲選択で、範囲選択した部分が全て収まるようにズーム

以上が、CUBASE VariAudioを使ったピッチ修正方法でした。

VariAudioのピッチの修正は、クオンタイズや平坦化と様々な機能があり、楽曲のクオリティーを上げるためにとても強力ですが、しっかりよく聞いて調節しないと、逆におかしくなります💧

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントは現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました