CUBASE アタックとリリースで存在感を出す Envelope

未分類

あなたは、ミックスでオケに埋もれてしまったトラックを、「前に出したい!」「目立たせたい!」と思ったことはないでしょうか?

音量を上げることで、しっかり前へ出てくればいいですが、それでも上手くいかないことがあります。

そんな時は、CUBASEに備わっているEnvelopeを使うことで、ミックスの中でトラックに存在感を与えることができます。

今回の記事では、「CUBASE アタックとリリースで存在感を出す Envelope」をDTM初心者さんに向けて紹介します。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

初心者さん向けに分かり易さを最重視し、画像と動画付きで順を追って紹介していきます。

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・Envelopeをトラックに適用する

まずは、ミックスコンソールを開き(キーボードのF3を押す)、INSERTSをクリックしてスロットを開き、No Effect▼をクリックします。

デフォルトから、Dynamicsをダブルクリック、EnvelopeShaperをクリックし適用します。

選択トラックに、EnvelopeShaperが適用されます。

・Envelopeを調節する

・Attack…アタック感の強さを、調節します。

・Length…強調している時間を、調節します。

・Release…音の余韻の強さを、調節します。

・Output…上記を行うことで、変更された音量を、調節します。

適用トラックを再生しながら、調整してみて下さい!

・まとめ

今回は、CUBASEのEnvelopeの使い方、プラグインの適用や調節方法について解説しました。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います。

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています。

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントや動画は現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました