CUBASE 楽曲の音量や音圧を上げるミックス リミッター使い方

未分類

あなたは、「オリジナル曲の音量を上げたい!」と、思ったことはありませんか?

市販CDを、CUBASEや他DAWソフトへインポートしたり、聴き比べてみると「音量や波形が小さい…。」「迫力がない…。」など、感じることもあるかと思います。

CUBASEにも備わっているリミッターは、マスタートラックに適用することで、全トラックの音密度を高め、音量や音圧を引き上げます。

リミッターのオススメの適用方法は、下記の記事を参考にして下さい。

今回の記事では、「CUBASE 楽曲の音量や音圧を上げるミックス リミッター使い方」をDTM初心者さんに向けて紹介します。

注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、リミッターの概念は全てのDAWで共通です。

初心者さん向けに分かり易さを最重視し、画像と動画付きで順を追って紹介していきます。

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・リミッターについて

リミッターは、設定したボリュームを超えないように、音の大きさを圧縮するプラグインです。

CUBASEや他DAWの音量を上げ過ぎると音が割れますが、リミッターで圧縮することで、音割れを防ぎ、密度を高めてくれます。

再生時、ラインを超えてしまった音量も、

リミッターを適用することで、音は抑えられ圧縮されます。

これにより、更に音量も上げられるので、楽曲の音圧が上昇します。

・リミッター 使い方

リミッターは、マスタートラックに適用することで、全トラックの音密度が上昇します。

ミックスコンソールを開き(キーボードのF3を押す)、Stereo OutのInsertsへプラグインを適用します。

上記の、INSERTSをクリックしてスロットを開き、No Effect▼をクリックします。

デフォルトから、Dynamicsをダブルクリック、Brickwall Limiterをクリックし適用します。

リミッターが、立ち上がります。

赤枠のツマミ、スレッショルドで音の圧縮レベルを調節します。

数値の-(マイナス)が大きいほど、音圧が上昇します

あまりに大きすぎると、圧縮されすぎて違和感が出てくるので、再生して視聴しながら調節します。

・書き出しを行う

オーディオミックスダウンを行います。

リミッターが適用できたら、音量が上がっているか、書き出して確認してみましょう!

基本的な書き出し方法、オーディオミックスダウンについては、下記の記事を参考にして下さい。

・まとめ

今回は、リミッターの使い方、楽曲の音圧を上げて迫力を出す方法、について解説しました。

上記の方法で、音圧や音量は上がりますが、ミックスやマスタリングは数をこなさないと、中々難しいと思います。

そんな時に便利なのが、自動で楽曲を解析し、自動でミックスやマスタリングを行ってくれる、AI機能を搭載した、市販のプラグインがあります。

僕も使いましたが、素早く簡単にミックスやマスタリングが終わるので、初心者さんにオススメです。

・Ozone9(iZotope)

・CLA Vocals(Waves)

値段は2、3万ほどしますが、適用すると数秒で上級者まではいきませんが、ある程度のクオリティーに仕上げてくれます。

この製品については、下記の記事を参考にして下さい。

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います。

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています。

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントや動画は現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました