CUBASE スラップベースでリズムのノリを作成 ベース打ち込み

未分類

こんにちわ、清水です!

あなたは、ベースの打ち込みを行う際「リズムが一定過ぎて面白味がない…。」と思ったことはありませんか?

ノリを作りたい時やリズムを引き立たせたい時に、便利なのがゴーストノートやスラップベースといったテクニックです!

基本的な、ベースの打ち込み方については、下記の記事を参考にして下さい。

ゴーストノートでリズムにノリを作る方法については、下記の記事を参考にして下さい。

ということで今回の記事では、「CUBASE スラップベースでリズムのノリを作成 ベース打ち込み」をDTM初心者さんに向けてお伝えしていきます。

(注)CUBASE8 Proを使って説明していますが、この記事は全てのCUBASEに対応しています。

画像と動画付きでなるべく分かり易くお伝えするので、今回も一緒に頑張りましょう!

記事の内容を動画で解説しています。中央にある再生ボタンからご覧ください

・スラップベース作成方法

まずは、ベースの打ち込みを行います。

トラックの作成、音源の追加、音の打ち込み方については、下記の記事を参考にして下さい。

・アクセントとなる音符をオクターブ上で打ち込む

アクセントをつけたい音符を、演奏フレーズのオクターブ上で打ち込みます。

・アクセントとなる音符のベロシティーを強くする

アクセントをつけたい音符のベロシティーを、強く設定します。

・エフェクトを適用して他ベース音と差別化する

他トラックにコピーするなどして、エフェクトを適用しましょう。

Delayで奥行きをつけたり、EQでローカットやハイカットをして、他ベース音との差別化をします。

エフェクトを適用する方法については、下記の記事を参考にして下さい。

・まとめ(筆者の体験談) CUBASE スラップベースでリズムのノリを作成 ベース打ち込み

今回は、ベースフレーズにスラップベースを打ち込むことで、リズムのノリを作る方法について解説しました。

僕は使用してみて、既存ベースの差別化としてアクセント音にだけエフェクトを適用するのは、別トラックを立ち上げてコピーしエフェクトを適用するため、初心者さんには少々難しいと感じました。

アクセント音にオクターブ上の打ち込みやベロシティーを強くするだけでも、ノリは違ってきます。

是非、活用してみて下さい!

最後になりますが、現在100以上の記事と動画があり初心者さんだと特に、どこからやっていけばいいのか分からずに困惑する方も多いのではないかと思います。

そこで、初心者さん向けにDTMを始めてから一曲を作れるようになるまでの、分かり易く順番に基礎を纏めた動画を無料でプレゼントしています

是非、下記のURLから無料プレゼントを受け取って下さい!(プレゼントや動画は現在準備中)

この記事を読んだあなたが、CUBASEを使い自由に曲が作れるように応援しています!

それでは、清水でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました